末弘農園

採れたて新鮮な有機栽培の野菜・お米の通信販売|末弘農園

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ムクダイ農法

ムクダイ農法

ムクダイ農法とは

 

ムクダイ農法とは

 

ムクダイ農法とは

 

ムクダイ農法とは

 

ムクダイ農法とは

 

 

化学肥料栽培と地力栽培の違い

化学肥料を使うと多肥の害がおきる

多肥の害は連作障害の元である。特に窒素肥料を多く使うと耐病性、安全性、味の低下を招く。化学肥料は全て吸収されないから、残された化学肥料は土中に集積され地力を失う。 一般に集積されたものを残留薬品という。 土中に残留薬品があると土のホメオスタシス(HOMEOSTASIS)は弱り透水性や保水性を失い、土の生産機能に障害を与え連作障害へと進み病虫害を多発して収量の低下を招く。

 

ムクダイを使うと連作ができる

ムクダイを使うと連作障害を解決して連作ができる。化学肥料を使わないから残留薬品が集積しない。今まで集積した残留薬品を除去し土中の毒素も無毒化するから土のホメオスタシス(HOMEOSTASIS)が蘇り、土の重要な生産機能が回復するから収量が増え、品質も味も良くなる。 人間が養分を与えなくても地力で作物を育てる事ができる。

 

連作障害の土とムクダイ

連作障害の土中

・農薬や化学肥料を多用することで土壌中の天敵相が狂い生態系が単純化して病害虫の抑制ができない。
・土中に残留薬品が集積すると必然的に地力が低下し、養分の吸収と貯蔵と放出機能が失われる。
・土の物理性が失われ土が単粒構造になる。

 

ムクダイ使用の土中

・土の浄化をする。土中の残留薬品を分解し 毒素を無毒化にする。
・土の物理性を改善して団粒構造の土壌にする。
・土の物理性が改善されれば生態系が改善され、食物連鎖が起き物質循環が行われる。
・必然的に地力は回復されてくる。



さらに詳しい情報は
『株式会社 自然科学研究所』様のホームページをご覧ください。